AppleWatch series3は買い替えに値するか!

AppleWatchが大好きでたまらないKei (@Kei_Kawa7)です。

AppleWatch3が発表されたわけですが、AppleWatchをまだ購入していない人はもちろん、すでにAppleWatchを使用している人で買い替えを検討している人もいるのではないでしょうか。

今回発表されたAppleWatchは買い替えに値するのかチェックしたいと思う。

 

Cellularモデルの登場

これまでと大きく違うのは、今回の3からCellularモデルが登場したことによる

これによりLTE通信でiPhoneなしでも、通話やメールを受信できたりするのが大きな特徴になった

特に役に立つシーンといったら、ランニングやトレーニングなどではないだろうか。

想像してみましょう。iPhoneなしで身軽に行うことが出来て、かかってきた着信にも出ることが出来る。

iPhoneから解放され自由になったAppleWatchは、ユーザーをより身軽にしてくれるアイテムになったと言えるでしょう。

ちなみに通話感度も良好のようで、手首につけたAppleWatchを胸の高さまで持ってくるだけで、通話に支障がないようである。

とても未来を感じるわけだが、家の中では平気でも外ではなかなか恥ずかしさが出てしまうのではないだろうか。

ただAppleWatchから通話の声が出るとなると、かなりというか色々厳しいものを感じるので、ここはAir PodsやBeatsXなどのBlueToothイヤホンを使って通話するのが良いように感じる。

 

またCellularモデルにより、Apple Musicにある4000万曲をストリーミング再生できるのも魅力の一つだと感じる

これまでは、AppleWatch本体に入れられる曲は1プレイリスト分であったが、その縛りがなくなったのが大きい。

ランニングやトレーニングなどのシーンにおいては、イヤホンをしながら行っているユーザーが多いかと思うが、ここでもiPhoneを携帯することなく、好みの曲をいつでも聴くことが出来るのは本当に大きいと思う。

通話やメッセージの送受信に音楽と、Cellularモデルが登場しただけでより解放的に、極端なことを言えばiPhoneを自宅に置いたままAppleWatchだけ携帯すれば問題なしのところまできた。

 

series2からの引き続き耐水性能完備

雨に濡れても平気なだけでなく、海やプールで使用しても問題ない耐水性能は素晴らしく思える。

独自の排水システムで水はもう怖くない。ここはseries2と同じです。

私の場合は濡れることを気にすることなくガシガシ手を洗うし、バンドによっては一緒に洗ったりして清潔に保っている。

一点気をつけることと言ったら、バンドでしょうか。

スポーツバンドは水に強く問題はないのだが、革製など一部のバンドでは水に対しデリケートに扱わなければならないから、そこだけが注意点かと思う。

 

Apple Payが非常に優秀すぎる

これもseries2からの引き続きになるが、私がAppleWatchをこの上なく愛しているのはApple Payの存在があるからだと言っても過言ではないからだ。

実際私はほとんどの買い物を、AppleWatchを使って済ましている。

quick-payが利用できるコンビニやスーパー、Suicaが使える飲食店やJR等の改札、様々なところで活躍してくれる。

本当にこれは体験すればもう手放せない素晴らしい機能だと心から思える。

財布やスマホを取り出す必要もなく、手首だけで済ますことが出来る

実にスマート!

 

実はAppleWatchは健康管理アイテムです

なんだかんだ言っても、本来は健康管理を目的としたアイテムかと思う。

AppleWatchでは、ランニングアプリによって走った距離や消費カロリーなどが表示でき、また心拍数を計測できたり iPhoneのヘルスケアアプリと同期して記録を管理することが出来る

デスクワーク中心になりがちでも、ある程度のタイミングでスタンドしましょうと通知してくれたり、自分が目標立てたカロリー消費までの数値を知ることが出来るのは本当に便利だしお世話になってます。

クックCEOもAppleWatchでダイエットできたとのことなので、私もより健康的になるように、AppleWatchをガンガン使いこなそうと思う。

 

AppleWatchは買い?

iPhoneユーザーで、まだAppleWatchを持っていなければ購入を是非お勧めしたい

その際GPSモデルかCellularモデルかに分かれるのだが、現在Cellularモデルを販売するのはau・Docomo・Soft Bankの3キャリアのみ。

月々500円(auは350円)かかるので、Cellularモデルを希望する方はこのコストも気にする必要がある。

GPSモデルでも、series2と同様にiPhoneを携帯する必要とするシーンが多いが、特に携帯するのに問題はなくCellularモデルより少し安く購入したい方にはお勧めです。

 

ちなみにどのモデルでも、iPhoneとの連携が必須なので、当然iPhoneを所持していることが必要です。

 

またすでにAppleWatchを持っている方については、series3に買い替えた方が良いのはseries1ユーザーのみで、series2を使用している方は買い替えの必要は感じないと個人的に思う。

スペックは上がってはいるので、series1のユーザーはアプリの反応にストレスを感じることはなくなるのではないかと思えるが、series2からではどの程度なのか、実際扱ってみないとわからないが微々たるものであればそれほど買い急ぐこともないかと感じる。

またバッテリーに関しては、公式発表では約18時間(LTE通話で約1時間)のようだが、実際の使用の仕方で変わってくるだろう。

私のseries2に関して言えば、朝装着して夜帰宅した時に外す。その時のバッテリーは約30%減っているかどうかのレベルです。

時計を見る、applepayで支払う時に操作する、通知を確認する、ワークアウトを行う…ディスプレイを見るのはこの辺りが多いのだが、特に時計を見たりメールの着信などで1時間辺りでも何回も確認しているにも関わらず、この程度しか減っていないので個人的にはバッテリー自体には何も不満はない。

実際はwatchOSの更新でバッテリーの消費は改善されたわけですが、バッテリー自体series2と3はほとんど変わっていないようですので、series3においてもLTE通話やGPS通信を使ったアプリをガンガン使用しなければ、バッテリー残量に困るということはないかと思える。

ちなみに私の使い方では約2日は充電しなくても済むのだが、特に毎日充電することに苦にしていないので、今日も一日ご苦労様という感じで、外した時には充電するようにしている。万一私がseries3を購入したとしても、これは変わらずに行うだろう。

 

最後に

AppleWatchは本当に素晴らしいデバイスです。

実際にApple Storeなどで手に取り感じて欲しい。

コンビニのレジにてAppleWatchをかざすだけで、スマートに支払う様を想像してみてください。

駅の改札ではあなたは何も取り出さず、ただAppleWatchを改札に軽くタッチするだけでスムーズに通過する様はどうでしょう。

着信があったかどうかは、いちいちiPhoneを取り出し確認する必要はありません。AppleWatchが振動して教えてくれます。もう余計なことに集中力を切らさずに済むのです。

ワークアウトのお供にAppleWatchは最適です。行った運動の記録は残り、次へのモチベーションを高めてくれます。

その他にもAppleWatch対応のアプリによっては、iPhoneを取り出す必要とせずに、AppleWatchだけで便利に事を済ませることができるでしょう。

まだAppleWatchを手に入れていないApple信者のあなたにも、感動を味わってもらいたい。

 

今回もありがとうございました。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Apple製品が大好きで、日々の生活に欠かせません。 私が持っているApple製品は、iPhone SE、MacBook(2016)、Ipad Pro10.5、AppleWatch Nike+。 その他のガジェットでは、Beats X(ホワイト)、Soundroid Typhoon、 Bose Sound link mini、SHURE SE846、Mitsubishi モニター、PS4、PS Vita、Nintendo3DSLL。 興味のあることたくさん発信していきたいと思います。