私がアルバイトに対し気持ちよく働いてもらう為に必ず守っている5つのこと

どうも!kei(@Kei_Kawa7)です。

私は仕事での立場上、アルバイトに来た学生にその日に行っていただく仕事内容を伝えて指示していますが、基本的にこれだけは必ず守っていることを書きたいと思います。

これは私の場合ではありますが、もし同じ立場の方のヒントになれば嬉しく思います。

説明はシンプルに、でも不足なく伝える

例え相手が大学生であったとしても、小学生相手でもわかる内容で伝えます。

変に小難しく説明をしても誤解や解釈の違いを生むだけですので、イメージしやすいように丁寧に伝えます。

例えば今日行っていただく事が4つあるのでしたら、

kei
今日行っていただく仕事は4つあります。まず初めにコレを行ってください。初めにコレを行うことで次に行っていただく作業がしやすくなるためです。
バイト
わかりました
kei
2番目にコレを行ってください。ちなみにコレを行うときの注意点はOOOですから、そこを意識して進めてください。
バイト
わかりました。
kei
3番目はコレを行っていただき、最後はコレをお願いします。いずれもポイントとなる部分はOOOですから、そこを外さないように注意して行ってください。
バイト
わかりましたー。

簡単な例を出しましたが、私の場合は行っていただく仕事がいくつあるのかを伝え、それぞれ注意点やポイントとなる部分を簡潔に述べて、必要があればどのような段取りで進めるのかも伝えてます。

その際、簡単な図面やイラストやキーワードなど、ビジュアルを使って説明すると相手がイメージしやすく、そうなると指示内容を忘れたりや言った言わないなどのトラブルを未然に防ぐ事ができますのでおすすめです。

また言葉で説明する際は、一文が長いとどこが重要でポイントとなる部分かがわからず混乱の元にもなりますので、言葉を短くしてテンポをつけて伝えるようにします。

相手はOOだから、これ位細かく説明しなくてもわかってくれるだろうという考えは禁物です。

勝手に期待をして、これ位わかるだろうと思ったところで、いざそうならなかった時困るのは自分ですから、5W1Hを意識して相手に伝える事が大事です。

 

例えミスをしても仕事が終わらなかったとしても、決して怒らない

これは私が一番心掛けている事です。

感情的になって怒ったとしても何も生まれないですからね。

まぁ私の経験でもあるのですが、自分がやられて嫌なことは相手には絶対やらないwマストですよねこれ。

ミスが起きたり時間内に終わらなかった理由は何なのかを、一緒になって考えたり解決するにはどうするのかを導くのが大事です。

ミスが起きた原因は集中力が切れたのか、伝えた指示が曖昧だったり誤解して進めてしまったりなど、まずは話を聞いてそこから次はどうするのかを指示してあげます。

バイト
やってみたのですが、なかなか上手くいかず今ここまでしかできていないのですが・・・
kei
大丈夫だよ、ここまでよく頑張ったね。ここはこうすることでこうなるから、ここを意識しながらやってみましょう。今は無理しなくてもいいけど、次の作業では時間とスピードを意識してみよう。

という感じで、必要なポイントとなる部分や挽回すべき部分を冷静に伝える方が、感情的に怒ってギャーギャーわめいて罵倒するよりかは遥かに建設的です。

しかし時には注意をしなければならない時もあります。

その時も感情的にならず、毅然とした形で注意します。

注意する際にダラダラと言ってもウザいと思われ、肝心な注意内容が頭に入らないことにもなりかねないので、ハッキリとした声で短くシンプルに伝える方が、理解に差が出ます。

終わった後はとにかく感謝を述べる

やはりこれは大事ですよね。

きっちり与えた仕事を完了してくれたら感謝を述べて労う。

お互い気持ちよく仕事するためには当たり前のことではありますが、頑張ったことに対して言葉で感謝を伝えて

頑張ったことを評価して見てくれているんだな

と自分が頑張った結果相手(私)に喜んでもらってよかったといつも思っていますと、アルバイトの大学生たちから言われた事が私自身とても嬉しく、その日のクソ上司から受けた嫌なことも忘れるくらいでした。

感謝の言葉、伝えましょう。

スポンサーリンク


 

年齢差があっても、上から目線ではなく言葉も丁寧語に

年が相手と一回り以上など開きがあると、つい上から目線で命令口調になりがちですが、そこは相手も二十歳を超えていれば立派な大人なわけですから、一社会人としてフラットな目線で丁寧語で話します。

ただ、仕事モードのときは丁寧語で、休憩時の時はフラットにタメ口で話すなどメリハリをつけるようにしてます。

幸いこれまでアルバイトに来てくれた大学生は、ほぼ全員真面目で素直な性格のため、変なトラブルもなくこちらもやりやすい環境で仕事できて、アルバイト学生には本当に恵まれたなと感じる今日この頃です(逆に上司には 以下略)。

決して与える仕事に無理をさせない

これも非常に気をつけていることです。

万一無理をさせて怪我や事故が起きてしまっては、どこぞのブラックだという感じですからね。

ただでさえつまらない仕事を行うのに、嫌だなぁと思って仕事しても楽しくないですしw

無理はさせないけど、働きにきているわけですから一応ダラダラと楽な仕事とならないよう、クリアすることができる頑張ってもらうポイントをハッキリとさせて指示します。

これまで仕事ができていなくて困ったなぁという事がありませんでしたが、私自身仕事を与える際には、最後は自分で責任を持つ意識で、アルバイトに指示をしています。

それを大学生も分かった上で仕事するわけですから、負担を感じる事なく仕事ができていると言ってくれています。

またこちらが望む以上の仕事を、彼らは完了してくれるわけですから、仕事与えすぎて負担かけるなんて一利なしだなと再認識です。

最後に

以上が私がアルバイトの大学生に心掛けている5つの事です。

改めて考えると、アルバイトに来てくれる人材に恵まれた部分が多いような気がしますが、自分自身これをベースにお互い気持ちよく仕事ができるようにしていきたいし、またより良くするためにアップデートできれば良いなと考えております。

今回の記事があなたにとって参考となれば幸いです。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Apple製品が大好きで、日々の生活に欠かせません。 私が持っているApple製品は、iPhone SE、MacBook(2016)、Ipad Pro10.5、AppleWatch Nike+。 その他のガジェットでは、Beats X(ホワイト)、Soundroid Typhoon、 Bose Sound link mini、SHURE SE846、Mitsubishi モニター、PS4、PS Vita、Nintendo3DSLL。 興味のあることたくさん発信していきたいと思います。