iPad Proを色んな角度で調節できるスタンドを使ってみた!

こんにちは、仕事でもiPad Proを活用しているKei (@Kei_Kawa7)です。

あなたのiPad Proにはカバーが取り付けられていますか?

ちなみに私は以前使っていましたが、普段使いの時にどうしてもカバーが邪魔に感じてしまい、今はiPad Proにカバーの取り付けをせずスキンシールで傷や汚れの保護をしています。

さて、iPad Proのカバーはスタンドになる機能を持つものが多いのですが、私の場合は取り付けていないので、iPad Proを手に持つか机に置いた状態で使用しています。

でもやはりスタンドがあると便利だよなぁと思い探してみたところ、素敵なアイテムを見つけましたので紹介したいと思います。

Satechi サテチ R1 アルミニウム マルチアングル 折り畳み タブレットスタンド

2つのヒンジを使い、角度を調整できるかなり優れもののタブレットスタンドです。

開くのに少し固さを感じますが、その方がタブレットを乗せた時でも安定しますので、個人的にポイント高いです。

使用しない時には折りたたんでコンパクトにできますので、カバンの中にも楽に入れられます。

iPad Proなどのタブレットを乗せるところには、ゴムが付けられていています。

スタンド底にもゴムが付けられていて、滑りにくく安定した状態を保ってくれます。

可動する箇所が2箇所です。

270度のマウントヒンジと、180度のベースヒンジで好みの角度や高さを調整できるのは本当に嬉しく活用の幅が広がります。

私の場合は、Apple Pencilを使用する事が多いのですが、スタンドに乗せた状態でも使用できます。

新品だからということもあるかもしれませんが、可動する箇所がすぐヘタることがありませんので、今後も乗せた状態でApple Pencilを使いまして、その後の状態を今度追記したいと思います。

とにかく感じたのが、安定感は抜群だという事です。

ちなみにソフトウェアキーボードを出して使用してみましたが、普通に使えますw

やはり打ちやすいのは、かなり角度を浅くした状態でしょうか。

力強くガシガシ打たなければ、特に問題ないように感じます。

 

追記:その後もソフトウェアキーボードを上の画像のように使いましたが、やはり思ったのが普通にスタンドを使わないほうが打ちやすいということですw

端を打つ際に多少ぐらつく事がありますので、今は無理せず机の上に置いたり、Bluetoothキーボードを使用して文章を打ってます。

この手のスタンドはソフトウェアキーボードとの相性は良くはないのでしょうけど、Bluetoothキーボードとの相性は非常に良いように感じます。

 

 

 

なお、このスタンドはMacBookもOKということで、早速乗せてみました。

こちらも角度を浅くすれば、キーボードも問題なく打てますが、私自身この先MacBookをスタンドで使用するイメージがないので、どうかなって気もしますが、まぁ乗せる事ができることがわかっただけで今は良しとしたいですw

デメリット

安定感抜群ですので、これといったデメリットは今の所見当たりませんが、一つ挙げるとしたら値段でしょうか。

この商品4,468円と結構しますw

ちなみに後から知ったのですが、類似品は1,000円台のもあって少しショックを受けたのですが、まぁサイズや仕様が若干違いますし、もし類似品を選ぶ場合は、公式で発表している仕様などを確認された方がよろしいかと思います。

 

まとめ

iPad Proなどのタブレットをスタンド置きさせたい方にはオススメです。

スマートカバーとは違い、床からの高さや角度を調節できますので、iPad Proの使い方に幅が広がるかと思います。

特に動画視聴を目的とした場合、自分の好みの角度で視聴できるのは嬉しいですね。

またスタンド自体、頑丈で安定感がありますので安心して使用できます。

個人的にはお値段以上の満足感を得ましたので、良い買い物をしたと思ってます。

 

今回もありがとうございました。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Apple製品が大好きで、日々の生活に欠かせません。 私が持っているApple製品は、iPhone SE、MacBook(2016)、Ipad Pro10.5、AppleWatch Nike+。 その他のガジェットでは、Beats X(ホワイト)、Soundroid Typhoon、 Bose Sound link mini、SHURE SE846、Mitsubishi モニター、PS4、PS Vita、Nintendo3DSLL。 興味のあることたくさん発信していきたいと思います。